POTLUCK撮影ブース制作



食事のテイクアウトサービスのため、店舗が増える毎にカメラマンに撮影を依頼すると、様々なコスト(撮影費用、日程調整、撮影スペースの確保等)がかかる。


その他に、プラットフォームへの統一感とともに、カスタマーの選定基準をなるべく均一にしたい部分がある。


問題点

・カメラマンを毎回頼めない

・スタッフがカメラに詳しくない

・店舗によって照明が異なる(メニューの写りが異なる)


決まった形状のランチボックスのため、専用のブースを制作し、スタッフが店舗で撮影ができる


条件

スタッフでも簡単に設置、撮影ができるブース

→複雑な機構を持たず、スマートフォンを使って撮影ができる





既成品を購入し、サイズ感や必要光量を測定



課題

・既成品だと深すぎるため、ランチボックス内のメニューが小さく写ってしまう

・LEDテープをそのまま使用すると点線になり、反射する食品や包装材に写り込んでしまう




LEDテープをそのまま設置した様子



解決策

・高さをボックスに合わせて設定(iPhones利用率が高かった為、iPhoneの広角側画角に合わせる)

・LEDテープに耐熱フィルムとクッキングペーパーと組み合わせて光を拡散させる



実際に反射物をおいて映り込みの確認↓

制作の様子



完成したブースでの撮影例





思わぬ副産物としてブース自体がソフトボックスの効果があり、ちょっとした物撮りに使えるものになりました。




  • YouTube Social  Icon
  • Facebook Social Icon
  • Twitter Social Icon
  • Instagram Social Icon